2010年03月10日

立ち呑み"岩田屋酒店"(大阪通天閣界隈)

ここ岩田屋は、あの1990年11月に起こった西成暴動の際に、放火されて駅舎が燃えてしまった阪堺線の南霞町の駅のすぐ横、JR新今宮駅ガード下にある立ち呑み屋さんでっせ。

なんと云っても今や観光地化されてしまった、大阪のランドマーク『通天閣』を有する新世界のすぐ近くにあるので、勇気のある人は行ってみなはれ。

店は、と云うと特に変わったところもなく、普通の立ち呑み屋さんと、なんら変わらないんだよね。
なので、入店したら自分の好きな立ち位置を決めて、ビールから注文すればOK。


っと云う訳で僕もまずはビールでぷはぁ。
もちろんキリンの大びん(430円)なんだけど、ちと高め。


さて、アテはと・・・。
やっぱこれかな?
ココの名物、蒸し豚(200円)
安っすー!

ニンニクの効いたオリジナルのピリからソースで頂きます。
しかもそれが、めちゃ旨い
スタミナ付きそう。


で、続いては・・・。
さっきから、目の前にあるお鍋が気になってたので、その中でグツグツ煮えてる
ドテ焼き。
うんこれも旨い。

一人でフラッと寄ったので、結局なんやかんや呑んで食って1,500円でお釣りきました。

う〜ん。
たまらん。

■岩田屋酒店
大阪市西成区萩之茶屋1-1-11
06-6632-4541
営業:08:00〜14:00、16:00〜20:30
休み:
種別:立ち呑み
予算:1,500円


大きな地図で見る
posted by 関西ウォーカー at 15:14 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■立ち呑み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。